カルーセルかずき

所長、聞いてくださいよ!!この前ついに出会ってしまいました!!アイドルと!!!

 

所長

それは珍しいですね。ぜひ聞かせてください。
(ニュースに載るようなことしなかっただろうな・・・)

 
 
 
 
 

Poiboyをやっていたら

 
ある日ね、Poiboyやってたらとある女の子とマッチングしたんですよ。
 
 
<女の子データ>
年齢
18歳
職業
学生
ルックス
上の下
属性
元気系ロリ
 
 
何より印象的だったのはプロフィール写真です。
 
めっちゃ純粋な笑顔でアップで正面からバーンって堂々と映ってたんですよ。
 
なかなかいないですよこういう女の子は。
 
普通の女の子は、Snowとかプリクラとか顔の一部隠したりぼかしたりとかするところをね。
 
この子はいわば”真っぱ”ですよ。
 
銭湯とかでもタオルで恥部を隠さないタイプですねこれは。
 
なんか写真だけでピュアないい子なんだなあってわかりました。
 
 
ほんで、メッセージを送ってみると、めっちゃ食いつきも良かったです。
 
毎回1、2分で返信が来て、顔文字も可愛いし。
 
そして素晴らしいことに、デートの約束することができました!
 
 
 

そして当日

 
デート当日です。
 
約束は夜からですが、その日も朝からLINEをしていました。
 
 
すると昼ごろになっていきなり、
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
!?!?!?!!?!?!?
 

 
 
びっくりしました。
 
めっちゃピュアっぽい印象なのに、ここに来て本性が出ましたね・・・
 
実はエロい子だったとは。。
 
シックスセンスを見た時以来の衝撃でした。
 
ひと言言わせてください。。
 
 
 
 
 
めっちゃ楽しみやーん!!
 
 

 
 
 
 
 
 

そして、夜へ。

 
集合時間は20時半。
 
歌舞伎町ゴジラ通りのカラ館の前で待ち合わせました!
 
早めについて待っている僕。
 
 

 
 
 
待ってる間、リアル知り合いの女の子が二人通ったので一瞬で顔を隠しました。
 
18歳の女の子と歩いているところが知り合いにバレたらまずヤバいです。
 
新宿は怖いってよく言いますがこういうことですね。
 
 
そして待つこと10分・・・
 
 
 

 
 
 
ラインが来たので、カラ館をぐるっと回ると。
 
 
おっと、それっぽい女の子がいました。
 
 

 

カルーセルかずき

 あ、〇〇ちゃん??

 

ピュア子

はい・・・///

 
 
 
 
 
第一印象。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かわええええええええええええええええええ
 
 

 

 
 
 
期待より天使でした。
 
正直顔は写真以上です!顔だけで言ったら上の中です!
 
しかも石鹸の香り!
 
ただスタイルがややポチャだったので、総合的には上の下としておきましょう!
 
 
とりあえず居酒屋に向かって歩き出します。
 
LINEでは元気系だったのですが、さすがに会うと緊張してるみたいで、最初は言葉数少なめでした。
 
でももう全部含めて可愛いです。おっぱい揉ませてください。
 
そんなことを思いつつ、適当な会話をしながらお店に着きました。
 
 

お店で

 
お店は予約していなかったので、行ってみると運悪く対面の席しかなかったのです。
 
ただし、今日は朝までコースが確定しています。
 
ここで焦る必要はないんですよ。そうですよね?
 
しかも対面ゆーても4人座れるボックス席だったので、
 
途中から隣に行ってやろうと、そればかり考えてました。
 
 
そしてお店ではいろんな話をしました。
 
どうやら4月(今月)に上京して来たばっかみたいで。
 
つまりもう先月まではピッチピチのJKだったわけですから。
 
一回火を通さないと食べれないくらいの鮮度です。
 
 

そんな部活だったん

 
そして部活なにしてたん?的な話になりました。
 
ここで「部活俺当てるわー」的なことを言ってクイズ形式にするのはおすすめですよ!
 
普通に「なにやってたの?」と訊くより若干盛り上がりますからね。
 
 
とりあえずめっちゃ純粋な女の子だったので、文化系かなと思いました
 
 
 
 

カルーセルかずき

吹奏楽部とか!?

 

ピュア子

違うよー笑

 

カルーセルかずき

茶道部??

 

ピュア子

んーん!

 

カルーセルかずき

じゃあ料理部?

 

ピュア子

違う笑

 
 
 
全くわかりません。
 
 
 

カルーセルかずき

ごめんギブ笑 何部入ってたん?

 
 
 
 

ピュア子

柔道部!

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
えっ!?
 
 
 
思わず声出ました。
 
ピュアで可愛いこんな子がゴリッゴリの戦闘部に入っていたとは。
 
これは一本取られましたね。
 
しかし、今日は朝までコースが確定。
 
夜の寝技をかけられるのもアリじゃないですか。
 
そうでしょう、兄弟よ。
 
 
 

ここで発覚

 
 
ここまでいろんな話を交え、話題はついに恋愛のことへ。
 
 

カルーセルかずき

元彼となんで別れたんー?

 

ピュア子

あー、なんかねー、途中から私より乃木坂に夢中になっちゃって・・・

  

カルーセルかずき

あー、そうなんだー

 

ピュア子

それでねー、それなら私もアイドルになるよって言ってアイドルになったのー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
は!?
 
 
 
 
 
 
 
なんと現役でアイドルをやっているらしいです。
 
 
どおりで振る舞いが天使なわけですね。
 
男に対する可愛い見られ方を分かっています。
 
しかもアイドルになった動機可愛すぎるだろ・・・
 
 
どうやらアイドルになったものの、彼氏は振り向いてくれず別れてしまい、
 
しかしそのままアイドルを続けているみたいです。
 
 
 
 
・・・もう分かったと。
 
俺がお前のファンになったると。
 
この後ホテルで2人だけのプチコンサートをしようじゃねーかと。
 
 

ここから攻めました

 
恋愛話もいろいろ話した途中で僕はトイレへ。
 
パンツに漏れた我慢汁をふき取つつ、用を足しました。
 
ほいで席に戻るときに作戦実行!
 
 
真顔でピュア子の隣に座ってやりました!
 
 

 

 
ピュア子にも驚いた反応はなく普通な感じです。
 
 
 
これはイケる・・・!!
 
 

 
 
その後は結構近距離で会話しました。
 
すんごく石鹸のいい香りがしてドキドキします。
 
 
 
この近さならあっちもドキドキしてたんじゃないでしょうか。
 
段階を踏んで、髪を触わり、耳を触わり、、
 
そして、、
 
 
チューしました!
 
 
アイドルと!!
 
今までチューした女の子の中では一番可愛かったです。
 
なんどもなんどもチューして舌を絡ませました。
 
 
ピュア子のファンたちのことを考えるとめっちゃ興奮しました^ー^
 
そして朝までコースが決まっているわけですから、それはもうこの上ない気持ちでしたね!
 
 
お店の中で2人でチューをしたりしてるとピュア子も
 
 

 
 

ピュア子

たのし〜^^

 
 
 
と言ってくれました!
 
俺も楽しいよ、ピュア子!
 
 

さあ!ホテル街へ!!

 
その後は手を繋いで歌舞伎町のホテル街へ。
 
ここまで特にホテル行こうよ的な話はしてませんが、
 
お店でベロチューをして、手を繋いで歌舞伎町を深いところへ歩いている事実。
 
もう説明するのも無粋でしょう!!
 
 
そんなこんなで適当なホテル前に着き、中に入ろうとすると。
 
 
 

 
 

ピュア子

えっ!ホテル行くの!?エッチしないよっ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
・・・
 
なるほどなるほど。
 
分かった分かったと。
 
 
 
 
 
 
 
まあさすがにね、いくら天使とはいえね、積極的に

ピュア子

ホテル行こ〜!

 
 
とか言ってきたら引くわ男も。
 
 
ほんと分かってるわ〜!!
 
男が一番興奮するは、しないよしないよと言いつつ体を許すこと!
 
まさに緊張と緩和!
 
分かってるねえ〜!!
 
まさにスーパーアイドルや!!
 
ここは男の俺がリードしてやらなアカン!
 
プロレスプロレス!!
 
 
 
 

カルーセルかずき

エッチしなくていいから行こ!

 

ピュア子

・・・うん、エッチしなくていいなら。。

 
 
 
クゥ〜可愛いなあ〜!!
 
口では断りつつも、身体を許しちゃうっていうオチね〜!!
 
なにそれ最高のギャップ萌えやん!!
 
ピュア子もほんとはエッチしたいけど俺のためにそれを我慢して、俺を興奮させるためにこんなこと言ってるんだろうな〜〜!
 
だってその証拠にほら!!
 
エッチしないとか言いながらもホテル入ってきてくれてるし!!
 
 
 

ホテルIN

 
手を繋いでホテルの中に入る俺たち。
 
エレベーターで一人の女性と乗り合わせて3人になり変な空気が流れた俺たち。
 
それに構わずエレベーター内でべロチューを重ねる俺たち。
 
興奮する俺たち。
 
 
 
ここまで完璧すぎた。
 
ピュア子の下のダムも崩壊しているに違いない。
 
最高の前戯を重ねた俺とピュア子は部屋に入った。
 
 
さあ二人だけのコンサートを始めよう!
 
二人だけで汗をかいてベッドで熱くなろう!
 
 
俺はピュア子をすぐさま押し倒し、濃厚なキスをしながら服を脱がせようとした。
 
すると、
 
 

 
 

ピュア子

ダメだよ〜〜

 
 
 
 
ピュア子は服を脱がされないように俺の手を抑えた。
 
 
 
 
 
 
 
うんうん!
 
可愛い可愛い!!
 
ここは一回拒否をしつつ、その後に許すパターンね!
 
一回拒否することで脱がせた時の喜びも倍増だもん!!
 
焦らしを分かってるわ〜〜!!
 
最高〜〜〜〜!!!
 
 
 
 
もう一度脱がせようとする。
 
 
 
 
 

 
 

ピュア子

ダメだよ!エッチしないって言ったじゃん〜

 
 
 
 
 
ピュア子は頑なに俺の手を抑える。
 
 
 
 
 
 
えっと、、、うんうん、、、、
 
あ〜・・・はいはいはい!!
 
ちょっと拒否するだけじゃあそこらへんのやっすいテクニックとおんなじだよね!!
 
そんなので俺が興奮しないって分かってるんだね!!
 
痺れるねえ〜〜!
 
これはかなりの上級テクニックだぞ〜〜!
 
 
 
 
 
気を取り直してもう一度脱がせようとする。
 
 
 
 
 
するとピュア子は俺の手を抑え、
 

 
 

ピュア子

ダメ〜〜〜〜!!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
いや、いい加減はよ脱げや!!!!!!!
 
 
 
 
 
と思ったがもちろんそんなことは口に出さずに粘る俺。
 
お互いにベッドに横たわっているというのに、先に進めないという。
 
俺たち二人はこの一連の攻防を20セット繰り返した。
 
 
 
なんなんだこれは、本気で嫌がっているのか?
 
じゃあなぜホテルに来たんだこの子は。
 
 

 
 
 
 
と思ったら、ピュア子が観念したのか手が緩んだ。
 
俺はすかさずおっぱいを揉む。
 
まあ、おっぱいはほぼ0だったのだが、この際それは良しとしよう。
 
 
そして乳首を一回ペロリと舐めた瞬間のことだった。
 
 

 
 

ピュア子

やっぱりダメ〜〜〜〜〜!!!!

 
 
 
 
 
 
ピュア子はまた自分の胸を抑えた。
 
 
 
 
 
 
もう諦めました笑
 

カルーセルかずき

ごめん。。。

 
思わず謝った。
 
ホテルの中まで入っといて、本当にエッチする気なかったんだな・・・
 
 
 
その後、ピュア子は、

 
 

ピュア子

ていうか私生理だし!!

 
 
 
80%嘘だと思うが、これを言われるともう男は何もできない。
 
最強に使える断り文句だと思う。
 
女子にはぜひ、この言葉を覚えてもらいたい。
 
 
 
 
ピュア子は俺を拒否し続けたことに罪悪感が湧いたのか、
 
 

 
 

ピュア子

そんなにしたいなら私が舐めるよ!

 
 
 
と言ってまさかの乳首舐め手コキよーいドン。
 
 
 
悶絶した。
 
 
 
 
さすが、ケンドーコバヤシが一番気に入っているプレイだけはある。
 
 
そしてフェラもしてくれた。
 
アイドルのフェラは極上だった。
 
やはり肩書きというのはオプションとしてとても大きい。
 
 
しかし俺の遅漏体質でもあり、イく前にピュア子は疲れ切ってしまった。
 
こればかりは俺のチンコが大きすぎたためだと信じたい。
 
だってストローをずっと咥えたところで疲れないもん。
 
 
かわいそうだったので、ここからは自分でしごいた。
 
ピュア子にはディープキスで手伝ってもらった。
 
 
そして、
 
フィニッシュした。
 
 
 

イった後

 
 
気づいたが、ホテルの部屋まで入って女の子を脱がせられないのはかなり退屈だ。
 
キスはいくらでできたが、それだけだとやはり間が持たない。
 
ひとつのガムを口移しして交互に噛んで遊んだりとか、小道具があれば別だが、あいにく部屋には何も無かった。
 
システム上、部屋を出ることができなかった。
 
というわけでその後はひたすたチューをした。
 
 
ゆっくり顔を近づけてチューの寸止めをして見たり、
 
一定のリズムでチューチューして見たり、
 
びっくりするくらい歯茎だけ舐めまくったり、
 
思いつく限りのチューはしたと思う。
 
しかしやはり口だけではバリエーションに乏しく、すぐに飽きた。
 
 
やることがなかったので、もうピュア子を寝かせた。
 
俺は眠くなかったので、一人で風呂に入ったり、テレビを見たりした。
 
部屋にあったテレビには、いくつかの動画が内臓されていた。
 
俺はお笑いが好きなこともあり、懐かしい気持ちでアンジャッシュのコントを選んで見た。
 
しかしこれが、佐々木希の顔が浮かんでしまい全く笑えなかった。
 
渡部よ、俺と代われ。
 
 
 

そして、翌朝

 
はい、そんなんわけで朝になりました。
 
この時、もはや僕はピュア子を好きになっていました。
 
僕はこの子と時間をかけて仲良くなりたい、付き合いたい。
 
そう思っていました。
 
朝、ピュア子が起きると、また寝起きのチューをしました(ていうかこれしかやることない)。
 
 
そしてホテルを出て、朝食のうどんを一緒に食べました。
 
その後改札に送り届けて、その日は解散。
 
 
別れた後、ラインをしました。
 
ラインで次のデートを誘ってみると、
 

 
 

 
 
 
どうやらピュア子も俺のことを気に入ってくれてたみたいで、なんと次のデートの約束を成立させました!
 
もうめちゃくちゃ楽しみでした!!
 
それからもずーっとラインしていました!!
 
 
しかし3日後の朝、ピュア子からのまさかのライン。
 
 
 
 
 

 
 
 
おいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!
 
 
はい、夢は終わりました。
 
美しい夢でした。
 
 

総評

 
カルーセルかずきは旅に出ます。
 
みんなも今までありがと〜!><
 
 

所長

行ってらっしゃい!

 

まとめ

成果

使用アプリ
Poiboy
マッチングからデートまでの期間
1週間
成果
乳首ひと舐め
 
 

お相手

年齢
18歳
職業
看護学生 兼 アイドル
レベル
上の下
属性
ややポチャ・ロリ顔
性格
ピュア・天使
 
 

費用

居酒屋
5000円
ホテル(宿泊)
13000円
朝うどん
1200円
合計
19200円
 
 

今回使用したアプリ 

 

Poiboy
アプリ名 Poiboy(ポイボーイ)
運営会社 株式会社Diverse
サービス開始 2016年1月
対応 iOS、Andoroid
料金 男性:月額3600円 女性:無料
特徴 完全女子主導型