ある日のこと。

 

かずき

所長、疑問があるんですよ。

 

所長

かずきくん、どうしましたか?

  

かずき

今日業務をサボって、ネットでメールテクニックを漁っていたんですけど、
あるサイトには「返信は早い方がいい!マメな男はモテる!」と書かれ、
あるサイトには「返信は遅くするべき!がっつくと相手は離れていく!」と書かれていました。
どっちが正しいのですか?

 

所長

(こいつ働けや・・・)
良い質問ですね。
その答えは「相手による」です。

 

かずき

え!(これ逃げられてる?)

 

所長

もっと正確に言うならば、君のキャラや、君と相手の関係性にもよりますし、状況によっても変わりますよ。

 

 

 

あなたはどうしてる?

 

てっしー自身も、女性への返信を決まって早くしていた時期がありました。なぜなら自分がそうされたほうが嬉しいと考えていたからです。

しかし、「自分がそうされたら嬉しいから、相手にもそうしよう」という考え方は、

異性を必ず落としたいのであれば改めるべきです。

 

なぜなら・・・

 

女性の性格は人それぞれだから

 

男性も女性もひとりひとり性格は様々、

同様に、好きな異性のタイプも様々なのです。

 

はな

返信遅い人やだな~。かまってくれるひとが好き!

 

しのさん

返信が早いと、この人暇なのかなって思いますね。仕事熱心で日々忙しい男性の方がいいです。

 

 

異性を落とすためには、相手に合わせた対応が必要になってきます。

あの人が使って成功した恋愛テクニックを、あなたが使って成功するとは限りません。

なぜなら状況が違うからです!

 

こういったことは恋愛テクニックに往々にしてあります。

 

 

「恋愛テクニック」の罠

 

恋愛テクニックを崇拝し、机上の空論で女の子を体系化しようとすると、 

 「女性とはこうであるから、ああすればこうなる」と、

無意識に、全ての女性をひとつの生き物として扱いがちです。

 

 

しかしこれ、理論派が陥りがちな罠なんです。

 

 

 

全ての人に通用する絶対的な恋愛テクニックなどありません。 

せいぜい「大多数に効くであろうテクニック」です。

 

時と場合によっては、定石に反することをした方が効果的な場合もあります。

 

 

じゃあどうすればいいの?

 

相手との関係性状況を見極め適切に対応していくことです。

その対応力を培うには結局のところ経験するしかないです。

 

なぜなら、「こういう状況だから、こうするのがベストだ」という方法論は、

もはや人から人に教えられるようなものではないからです。

 

状況というのは、あらゆる要素が組み合わさって成るものです。

挙げるとすれば、「相手の性格」、「いままでの会話」、「相手から見える自分のキャラ」、「相手に期待されているもの」、「期待されてないもの」、「いま相手が自分をどう思っているか」、などなど。。

とても書ききれません!

 

 

だから身体で覚えるしかないのです! 

現場に出て状況を肌で感じ、何度も失敗し、いろいろなことを経験していくうちに、

なんとなーく、「今はこうするべきだな」というが培われてきます。

 

そうすれば、適切に対応する力が磨かれ、

限りなく可能性を高めることはできると思います。

 

 

さあ、フィールドへ出ましょう!僕も出ます!

 

出会いLABのおすすめアプリ 

 
イククル
アプリ名 イククル
運営会社 プロゲイト株式会社
サービス開始 2000年
対応 iOS、Andoroid、ウェブ
料金 男性:ポイント課金制 女性:無料
特徴 累計登録者数1000万人突破