今までの国産の出会い系サービスとは、一線を画す使い心地で人気急上昇中のwith(ウィズ)ですが、「誰かに自分がwithを使っていることがバレないか心配…」という不安があり、まだ使ったことがない方も多いのではないでしょうか。
 
今回の記事ではwithを利用することで、そういった身バレの危険性がないかを検証していきたいと思います。
 
 

1. withの利用は知り合いにバレないのか

 
まず「withを利用していることが知り合いにバレないのか」について考えてみましょう。
 
withは登録時に、Facebookの会員情報を連動させる必要がありますので、そこから友達や知り合いに利用がバレるのではないか、と不安になることも仕方がないことと思います。
 
しかしwithとFacebookアカウントが連動しても、Facebookのタイムライン上にwithへのポストが表示されることはありません。
 
またwithで表示される名前は、イニシャル表記になりますので名前からバレることもありません。さらにwithの仕様として、「Facebookで友達登録している人はwithの検索結果には表示されない」というものがありますので、Facebook上で友達になっている人に、withの利用がバレることはないようです。
 
以上のことから、withがFacebookと連動する最大の理由は、「Facebookの情報をwithが利用することで知り合いにバレないようにするため」と言えそうです。
 
 

2. withの利用をバレないようにするには

 
withがFacebookと連動する理由は、withの利用が知り合いや友達にバレないようにするためであることがわかりました。
 
しかし、withが出会いを求める人が集うサービスであることを考えると、「本当に100%バレないようにすることは中々難しいのでは?」と考える方も多いのではないでしょうか。そういった方に「実施するとさらにバレにくくなるwithの設定」をご紹介したいと思います。
 
 

withの利用を隠したい人を全員Facebookで友達登録する

 
先ほども記載した通り、withはその検索結果に、Facebookの友達を表示しないようにしています。つまりバレたら困る知り合いは、「Facebookで知り合いに登録しておけば良い」ということです。
 
Facebookで知り合いを見かけたら、すぐに友達申請をして繋がっておきましょう。
 
 

withで偶然知り合いを見かけたらブロックする

 
いくらFacebookで友達検索をかけたとしても、全ての知り合いと友達になれるかはわかりません。
 
ですのでwithの検索結果に表示されたユーザーの中に、「もしかしたら知り合いかも…?」という人が混ざっていたら、どんどんブロックしましょう。ブロックさえしてしまえば、そのユーザーは二度とお互いの検索結果に表示されなくなります。
 
 

withのメインの写真をFacebookとは違うテイストの写真にする

 
色々と気を使って友達登録をしたり、ブロックを駆使しても必ず漏れが出てしまうものです。
 
しかし普段の自分とは違うテイストの写真をメイン写真として登録しておけば、自分と気づかれる可能性が格段に下がります。
 
 

Facebookのプロフィール写真に個人を特定できる写真を掲載しない

 
こちらはwith側ではなく、Facebook側のプロフィール写真を変更しておく手段です。
 
Facebookでは元々友人だった人と繋がることが多いと思いますので、自分の顔写真を掲載するメリットはほとんどありません。上記の手段と併せて、Facebookのプロフィール写真を変更しておけば、さらにwithの利用がバレにくくなります。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。withはFacebookと連動することで、むしろ友達バレしにくいサービスのようです。さらに少し気を使けて設定をしておくだけで、さらにバレないようにすることも可能であることがよくわかりました。
 
またwithは現在ユーザー数を増やしている最中ですので、他の出会い系サービスを使用するよりもバレないサービスでもあります。自分のプライバシーをしっかりと守りつつ、いい出会いを楽しんでください。