メンタリストDaiGoさんが監修しているおかげか、やたらと「出会える」という評判をよく聞くwith(ウィズ)ですが、本当にそんなに出会えるのでしょうか。
 
どんなサービスでも裏表というものがありますし、もしかしたらwithが自社サービスの宣伝のために「出会える」と連呼しているだけかもしれません。
 
そこで今回の記事では、withにまつわるクチコミ情報をまとめ、withは実際に出会えるサービスなのかどうかを検証してみたいと思います。ポジティブな情報とネガティヴな情報をしっかりと比較すれば、withというサービスの実態を把握することができるはずです。
 
 

1. withに対するポジティブな評価やクチコミ

 
まずはwithで出会えたという人や彼氏、彼女ができたという人のポジティブな評価やクチコミについてまとめてみました。
 
  • 遊びでやっていた相性診断系イベントが思ったより本気仕様な気がします。気づいたらかなり気の合う人とマッチしてました。
  • 真剣に結婚前提のお付き合いがしたいと思い登録しました。しっかりと会話できるユーザーが多くてとてもいいです。
  • 今までの出会い系と違って、顔や経歴じゃない趣味の面でマッチングできるのが面白いです。
  • 他の出会い系みたいに、すぐに「セックスセックス」言い出す男性が少なくて使いやすいです。
 
 

2. withに対するネガティブな評価やクチコミ

 

次はwithでは出会えなかったという人や、いい印象を持てなかった人のクチコミをまとめてみました。

  • 相手に警戒されないよう軽めのノリでメッセージを送っているのに全然返信されない。
  • 他の出会い系と違って登録者数が少ないのかすぐに会える人が少ない。
  • さっさと会って遊びたいのにやたらメッセージをしたがる人が多すぎ。
  • 結構会えるけどすぐに皆付き合うとか結婚とか言い出して重い。
 

3. クチコミから見えてくるwithの実態

 
以上がwithに対する代表的なクチコミ情報です。ポジティブな感想とネガティブな感想から、かなりはっきりとした実態が垣間見えているように思います。
 
以下ではwithの登録ユーザーの傾向のまとめと、サービスを有効活用する方法をご紹介します。ぜひwithの活用に役立ててください。
 
 

真面目に出会いをもとめているユーザーが多い

 
ネガティヴなクチコミの内容のほとんどが、「とにかくさっさと会いたいのに会えない」といったものが多いように思います。しかしポジティブなクチコミでは、「すごく会話が弾んで出会えた」という人が多い印象を受けるのです。これは真剣に付き合える相手を探しているかどうかが、大きなキーになっているように感じました。
 
またこれはwithが「好みの見た目の相手とマッチングしてセックスしたい」という要望を満たす出会い系サービスではなく、「長く付き合える自分と相性のいい相手を探したい」というユーザー向けのサービスであることを示しています。
 
そして相性診断系イベントを活用しているユーザーの方が、良い出会いを得ている傾向があるようです。さすがメンタリストDaiGoさん監修のイベントというべきか、かなりの精度で気の合う人とマッチングしてくれるようです。
 
 

②ヤリモクユーザーはお断り?

 
ではヤリモクユーザーは全くいないサービスで、「ヤリモクユーザーはwithでは出会えないのか」というと、そういうことではないと思います。
 
おそらく「さっさと会ってセックスしたらバイバイ」という空気を出さず、「中身のある会話をする」ことを心がければ、かなりの確率で出会えるサービスであるといえるでしょう。むしろヤリモクユーザーにこそおすすめしたいサービスであるといえます。それは、他の出会い系サービスとは違い、メッセージのやり取りできちんとした関係性を構築できるように見せかけるだけで、「長期間維持できるセフレを作るのが簡単」ともいえるからです。
 
実際問題、人間同士の付き合いは、どんな種類のものであっても「信頼関係」が最も重要です。そしてwithは信頼関係を構築しやすいように設計されているサービスですので、一度関係性を構築してしまえば、大したコストをかけかけずに、定期的に会えるセフレを作れる優良サービスといえるでしょう。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。
 
withは「真面目な出会い」も、「長期間維持できるセフレ探し」にも役立つ優良サービスであるように感じます。withを最大限活用したければ「マッチングイベントを利用する」ことと、「じっくりと会話をする」ことが成功への近道のようです。