前に出会い系サービスを試してみたけど、色々面倒で結局やめちゃった…という経験はおありではないでしょうか。
そんなあなたには、Tinder(ティンダー)というアプリをご紹介したいと思います!
Tinderはアメリカ発の出会い系アプリで、何と言ってもその手軽さで若者を中心に幅広い人気を集めています。
そのTinderとは一体他の出会い系サービスと何が違うのか、どうすればTinderで新しい出会いをゲットできるのか、これから見ていきましょう。

 

 

「Tinder」って何?

Tinderはダウンロード数1億突破の世界的アプリ

Tinderは2013年にアメリカで開発されたアプリで、今では日本をはじめ世界中で広く浸透しているサービスです。
iPhone、Androidスマホ用のアプリとして、提供されています。
出会い系に興味をお持ちでこのサイトに来られているような方であれば、名前くらいは耳にしたことがあるかもしれません。
その総ダウンロード数は堂々の1億越え!
もちろん、その全てがアクティブユーザーではないでしょうが、少なくとも数千万人は利用者がいるでしょう。
日本でも2015年頃から話題になりはじめ、特に都市部でユーザー数が増えているようです。
私もTinderを使い始めてから結構経ちますが、外国人の女性との出会い等あり、楽しく使わせて貰っています。
それまでの出会い系サービスとは一味違う手軽さ、操作感と、考えられたシステムに当時は衝撃を受けたものです。

どうしてそこまでTinderは人気なの?

日本だけでなくアメリカにも、Tinder以外の出会い系アプリはTinderが登場する以前から存在しています。
それでは、なぜTinderが幾多の出会い系アプリを追い越して、今や世界的な人気アプリとなったのでしょうか?
Tinderの特徴としてまずあげられるのは、難しいことをとことん排除したシンプルさです。
出てくる異性の写真を見て、良ければ右にフリックでLike、マッチしたくなければ左にフリックという簡単操作で、男女で互いにLikeすればマッチング成立という簡単操作。
男女どちらも、マッチングするまではメッセージを送ることができません。
異性のプロフィールを読み込み、メッセージをしっかり書いて送るという所から出会いが始まるのが普通だった当時の出会い系業界の中で、そのような流れを面倒に感じている出会い系サービスユーザーの思いを敏感に読み取り、形にしたことが人気拡大の理由の一つです。

また、サービスリリース当初のユーザー獲得に一工夫を加えたことにも勝因があったようです。
出会い系サービスは勿論、その他の種類のサービスでも、初期ユーザーの獲得ができずに過疎になってしまえばどれだけ優れたシステムがあったとしても、良いサービスとユーザーに評価してもらうことはできません。
Tinderのサービス開始にあたり、Tinderの運営者は大学生にダウンロードして貰えるよう、パーティーを主催して入場時にTinderのインストールを求める等、まずはローカルに集中的に広める戦略を取りました。
そうした営業努力の成果もあって、面白いアプリだとの噂が爆発的に広まり、今の世界的な人気につながったそうです。
既に世界レベルのアプリになっているTinderですから、出会い系サービスの問題の一つであるサクラの心配についてはゼロであると言って良いでしょう。

こんな人にTinderはオススメ

無料で使えるサービスが良い

一般的には、まともに1つ出会い系サービスを利用しようとすると、月々数千円程度の出費があります。
無料で使えることを謳っているサービス、アプリも存在しますが、そのほとんどがサービスとしての質が低いか、もっとひどいとユーザーの個人情報を売り渡したり、他サイトへ誘導してお金を請求したりするための道具という場合もあります。

それではTinderはどうでしょうか。
Tinderは、有料会員に比べれば様々な制限があるものの、無料でも有料サービスに近い条件で出会い探しをすることが十分可能という稀有なサービスです。
出会い系にお金を払うのはちょっと、という抵抗感のある男性にはぴったりだと言えます。
実際の使用感として、よほどTinderに力を入れてたくさんの出会いを求めに行くのでなければ無料でも十分という印象です。
なぜTinderが無料でそれほどのサービスを提供できているかというと、無料会員に対してはアプリの使用中に広告が挟まれるようになっているからです。
その上ユーザー数が桁違いに多い為、サービスとして利益が出ているということなのでしょう。
有料会員でも、2017年8月現在1ヶ月1,068円しかかからず、6ヶ月契約なら月々645円、12ヶ月なら月々569円とさらに安いです。
もちろん無料と有料の差が小さいからこそのこの低価格ということですが、多少の出費が気にならない方であれば、有料会員になることでより快適にTinderを楽しむことができます。

あれこれ考えず、気軽に使えるものが良い

Tinderが他のサービスに比べて優れているところは、やはり面倒な手続きを省いてひたすら写真をフリックしているだけで楽しめるという手軽さです。
きちんとプロフィールを作り、閲覧する文化のある出会い系サービスだと、自己紹介文を考えたり自分の趣味や仕事に関する質問に答えたりと、始める前にやらなければならないことが多いです。
また、女性との接点を増やす為にサービス内で日記を書く、女性の日記に反応するといった行動が、無料で出会いを求めようと思えば必要になってくるサービスもありますが、Tinderは不要だと思えば本当に文字を読む必要がありません。
以前出会い系サービスに挑戦してみたけど、どうにも面倒でやめちゃったという物ぐさな方にも、Tinderはぜひ使ってみて欲しいです。

Tinderは女性のプロフィールをいちいち確認しなくてもそれなりにマッチングできてしまう一方、他の出会い系サービスで可能な恋人探し、友達探し、セフレ探しのカテゴリ分けという機能はなく、全部まとめてマッチングされます。
そのため、プロフィール文を読まずにLikeしていくと、マッチングはするけど友達探しの女性、外国人目当ての女性ばっかりだった…というがっかりが発生してしまうのはあります。

外国人女性に出会いたい

Tinderはグローバルに人気のあるアプリだけあって、日本で使っていても、日本以外の国籍の女性が頻繁に登場します。
韓国、台湾といった東アジアの女性、フィリピン、ベトナム、タイ等出身の東南アジアの女性、アメリカ、ヨーロッパ出身の女性もいます。
日本在住の女性もいますが、日本に旅行、留学に来たついでに異国での出会いを求めてTinderを使う女性が多いようです。
外国人女性とのマッチングエージェントなんかも存在しますが、そこまでガチではない、けど外国人女性と出会いたい…そんな男性にはTinderはもってこいでしょう。

たまに、完全に海外からマッチングして距離が何千キロもあり、絶対に会えないじゃんという場合がありますが、これは海外の女性が有料会員で、有料会員の機能で利用地域を日本に指定して検索してきている時に起こります。
写真が表示された時に目視で確認しておけば、距離を表示させている女性に関してはLikeする前に距離が遠すぎるので拒否することは可能です。
しかし、女性が距離を非表示に設定していると、マッチングしてメッセージを交わして初めて、日本国外にいて日本語の練習の為にTinderを使ってるなんてことが分かり、しょんぼりすることがあります。

実際にTinderを使った方の口コミ

多くの人々からの支持を集め、圧倒的なダウンロード数、ユーザー数を誇るTinderですが、やっぱり口コミも気になるところですね。
Tinderを実際に使用した日本人のユーザーの皆様からの口コミをご紹介いたします。

男性 24歳

フリックしまくって、ガンガン会える感覚が病み付きになります!
Tinderで知り合った彼女にはアプリ消したと言ってますが、実はまだ使ってます笑

所長

女性は男性よりは厳選してフリックしているみたいですが、それでも他の出会い系サービスに比べて高頻度でマッチングしますね!
出会い系LAB所長として、その出会いを求める飽くなき冒険心に敬意を表します。 が、彼女さんも大切に!笑

女性 28歳

私がこのアプリを使ってる理由は、ノリ良い外国人の男性にであえるからです。
やっぱカッコよければLikeしちゃいますけど、それ以上に面白い人に出会いたくて私はこのアプリを使ってます。

所長

女性の知人に男性をLikeしていっている様子を見せてもらったことがありますが、特に欧米系のユーザーの写真で「こんなん勝てるかよ!」って感じのルックスしてるのがあって笑ったことがあります。笑

男性 30歳

使ってみたけど、「友達探し」「口説きNG」って…。
そういうのはSNSでやっててほしい。そういう人はそういう人でジャンルを分けて欲しい

所長

これは私も昔思ってたことがありますね。 でも、メル友募集から真剣なお付き合いに発展することもあるように、最初はそういう建前で会っていても物事どう転ぶかは分かりません。
その内友達の友達で彼女できるかも〜くらいの余裕を持って友達を増やしに行くのもまた、出会いにつながる戦略だと思いますよ!

女性 27歳

プロフィールを全然読まずに飲みに誘ってくる男性が多くて唖然…。真剣に恋人探しができる所じゃないと思いました。

所長

無料でどんどんアプローチを掛けていける分、有料でプロフィールを見たりメッセージを送ったりしているときよりも随分雑になってしまうのは人間の心理的に仕方ない部分がありますね。
一つ一つの出会いを大切にする考え方、数撃ちゃ当たるで出会いの量を求める考え方、それぞれありますが、チャンスを逃して悔しい思いをしないよう出会いの質を上げる努力もやはり大事です。

 

また、出会いLAB研究員のかずきくんもtinderの体験談記事を随時更新しています。

ぜひ以下の記事を参考にしてみてください▼

【出会い系アプリ体験談】tinderで美人イタリア留学生にどっぷり口内射精wwwww

【出会い系アプリ体験談】tinderで出会ったイタリア人留学生がエロすぎた・・・

【出会い系アプリ体験談】ハワイ滞在中にTinderのアメリカ人ビッチとwwwwww

【出会い系アプリ体験談】Tinderで韓国人と会ったらメチャクチャな1日になった(前編)

 

Tinderの登録、設定方法

用意するものはスマホ、Facebookアカウント、以上

それではここから、Tinderを使うまでの流れを見ていきましょう!
Tinderはスマホアプリなので、お持ちのスマホのストアアプリでTinderを検索するか、こちらの公式ホームページからまずはダウンロードしましょう。

Tinderのアプリを無事ダウンロードできたら、ユーザー登録を行うのですが、Tinderのユーザー登録はFacebookアカウントによる認証でしか受け付けていません。
なので、もしFacebookのアカウントを持っていなかったら、まずはそちらから作る必要があります。
この機会にこちらのFacebook公式ページのヘルプ等を読んで、さくっと作ってしまいましょう。

https://www.facebook.com/help/345121355559712

Tinderを立ち上げるとこちらの画像のような画面が表示されます。

大きく表示されている「FACEBOOK経由でログイン」というボタンを押して、Facebookへのログインと同様にメールアドレスとパスワードを入力します。

以上、登録完了です。とっても簡単ですね!
これだけですぐに異性との出会いを探し始めることができます。

Pairs等の出会い系サービスでは、出会い系用のサブのFacebookアカウント使用を抑制するために、友達人数◯人以上でないと認証されないという制限をかけている場合もありますが、Tinderでは18歳以上の年齢で登録されているFacebookアカウントがありさえすればOKです。
アメリカに拠点を置くサービスであり、日本の法律に縛られていないので年齢確認をする必要もありません。
このような簡単さによって、後から説明するような18歳未満のユーザーによる使用、悪徳商法への勧誘等の危険性が生まれている側面もあるので、その点は注意しておきましょう。

目に留まるプロフィールを作る

Tinderで出会うために大事なのは何と言っても写真です。
従来型の出会い系サービスに比べると情報に占める写真の割合が多く、写真でとっかかりを作れないとスルーされてしまいます。
特にFacebookアカウントを持っていたのでそのまま登録できたけど、Facebookアカウントの写真が数年前に撮った適当な自撮り…なんて人は要注意です。
何も設定しなければFacebookのプロフィール画像として登録されていたものが使われますが、この写真だけで戦おうとするのは得策ではありません。
まず、顔がきちんと写っていない写真や、髪や髭が整っていなかったり、意味もなく上裸だったりする写真は設定しないようにしましょう。
笑顔を見せて、陽光の下等の明るい写真を設定しておくのがまずは無難です。
さらに、Tinderでは合計6枚までプロフィール写真を設定できるので、趣味の最中の写真、スーツでキメている写真等、様々なパターンの写真を最大限登録することをお勧めします。
これはなぜかというと、Tinderの機能「スマートフォト」による最も女性受けの良い写真選びの恩恵を受けられるからです。
スマートフォトとは、登録したプロフィール写真から全てを満遍なく女性に表示させてテストしてみて、一番反応が良かったものを自動的にプロフィールのトップ画像として選択してくれる機能です。
これを使うと、自分でかっこいいと思う写真が意外と女性には刺さっていないことや、二番手のつもりで登録した写真が思った以上に女性には高評価なことを発見できます。
月に1回くらいのペースでトップ画像に選ばれなかった画像をチェンジし、入れ替えた画像で再度テストして徐々に写真のレベルを上げていくようにすると、非常に効果があると思います。

次に大事なのは、Likeをつけていく画面で写真をタップすると表示される自己紹介文です。
女性は男性のことを写真だけでなく、プロフィールも見た上で判断する割合が高いので、写真で第一の関門を突破できても、プロフィールが雑だとマッチせずに終わってしまいます。
自己紹介は、漫然と書くのではなく、自分がどんな人間なのかが女性に伝わり、安心感を持ってもらえるように書くことを心がけてください。
安心感を持たせるというのは、「何もしないよ」なんて言うことではなくて、例えば、仕事は商社で営業の仕事をしていて、学生時代はサッカーをやっていて、最近はロードバイクにハマっていますという風に自分のパーソナリティを出していくことにより、「多分こういう人なんだろうな」と女性が想像しやすくしてあげるということです。
その上で、ひとそれぞれのキャラクターにもよりますが、Tinderを使う目的や出会いたい女性のタイプなんかが書かれていれば、そこに当てはまる女性としてはとてもLikeしやすくなりますよね。
Tinderでどんな出会いがしたいのかをイメージして、そのイメージ通りの出会いのためにはどんな自己紹介を書けば良いかを逆算して考えていきましょう。

検索距離、検索年齢を自分好みに設定

Tinderを使っていて、意外と忘れがちなのが検索距離と検索年齢の設定です。
これらの設定画面は、画面上部のメニュー3つの内、左側のアイコンの中にあります。
この画面の中から、ギアのマークのアイコンで表されている「設定」をタップします。

こちらの画面のスライダーを動かして、検索の最長距離と、年齢の範囲を設定します。
まず先に年齢の範囲について言っておくと、都市部にお住いの方ならこれは完全に自分の好みで決めてしまって大丈夫です。
人口が少ない地域に住んでいる、あるいは現在移動している場合は、年齢の検索範囲を狭くしすぎると十分な女性ユーザー数が確保できない場合があるので、その点は注意すべきでしょう。
検索距離も、いざ会おうとなった時に自分がどれだけ移動できるかという事と、女性の人口との兼ね合いで決めなければなりません。
日によって変えますが、私の場合は最長距離を最も短い2kmに設定し、足りなければ徐々に伸ばしていくようにします。
なぜかというと、数km圏内の女性とマッチした場合、かなり距離が近いこと自体が会話のタネになり、ご近所トークからあの店、あの場所一緒に行ってみる?という流れが非常に作りやすいからです。
お互いわざわざ遠出せずに出会えるという気楽さも、出会いやすさに繋がる気がします。
山手線圏内等、人口が集中する地域に住んでいる方にはぜひこの方法をお勧めしたいです。

Tinderを使う際の注意点

絶対に18歳未満の未成年に手を出さない

Tinderは規約として、18歳以上のユーザーしか使用できない旨を定めており、Facebookで認証を行う等のことはしています。
しかしながら、Facebookはアカウント作成の際に特に身分証明書の提出等は求めておらず、やろうと思えば18歳未満でもTinderの中に入り込めてしまうのが実態です。
Tinderは海外製ということでとっつき辛さがあるのか、17歳以下の年代の援助交際の温床になっているという感じはあまりありません。
そこまで神経質になる必要もないのですが、それでも年齢確認がしっかりと行われている出会い系サービスに比べれば、17歳以下の未成年に当たってしまう可能性があるということです。
芸能人が未成年との交際により逮捕されるニュースが時たま流れるように、まあばれないだろうというような軽い気持ちでやってしまうと、社会的な地位や財産等を失うことになります。
わかっていてやるのは非常に問題ですが、女性側が18歳未満であることを隠していて、後から発覚した場合でもお咎めなしというわけにはいきません。
もし実際に女性と会ってみて怪しいと感じたら、雰囲気が多少悪くなるのは承知で、身分証の生年月日の部分だけ見せてもらえるよう頼んでみましょう。
身分証明書を頑なに見せてくれなかったり、身分証を家に置いてきたと言ってきたりしたら、なかなか男としては残念ではありますが、その場でリリースしてしまう方が良いでしょう。

他サイト、マルチ商法への勧誘等に注意!

Tinderに限らず、世の中の出会い系サービスには、そこに集まる男性の欲望に漬け込んでお金をだまし取ろうとするような輩の出現が後を絶ちません。
Tinderは運営会社自身によるサクラや、キャッシュバッカーと呼ばれるような小遣い稼ぎのためにだけ出会い系サービスを利用する女性の出現を心配することはありませんが、一ユーザーのフリをして、悪質なサイトへ登録させようとしたり、マルチ商法への勧誘を行ったりしようとする者がいます。
そういった業者を見分ける第一のポイントとして、かなり写真が魅力的で、さらにこちらにどんどん食いついてくるような場合には冷静になって様子をみるべきです。
美人で、彼氏なんかいくらでも作れそうな人が自分にぞっこんな勢いで接してきてくれると舞い上がってしまうのは当然ですが、そもそもあったこともなければメッセージを数回交わしただけの間柄でそこまで馴れ馴れしくしてくる人間は相当怪しいです。
そこに注意を払った上で、さらに目を向けるべきなのは、まだ会う約束も取り付けていない段階でLINEやメールで連絡を取ろうと言ってくる、URLを貼り付けて何かのサイトへの登録を促してくるといった行動がないかです。
業者がLINE等で連絡をとりたがるのは、Tinderから離れてしまえば第三者の監視の目はなくなってしまうからです。
URLを貼り付けて誘導してくるページは、最初は個人ブログのような体裁をとっているものが多いですが、後によくわからないサイトの会員にさせられ、高額な会費を請求されるという被害が報告されています。
また、メッセージが少ない段階で女性の側から会おうと持ちかけてくる、しかも会う場所がオフィス街の喫茶店という場合には、キャッチセールスを疑うべきでしょう。
私の経験上、あまり交流のない女性から積極的に出会いを持ちかけられた場合、良い思いができる可能性は非常に低いです。
業者は大量のカモ候補に対して、並行してメッセージを回しているのが普通なので、浮かれてしまわずに冷静に観察していれば、プロフィール、言動のおかしさや矛盾に気づけるはずです。

Tinderで出会うためのコツ

細かくプロフィールに手を入れよう。

出会い系サービスのプロフィールは、最初に作りこんでしまうと結構そのまま放置してしまいがちですが、出会いの機会をできるだけ増やそうと思えば、定期的に見直すに越したことはありません。
例えば、プロフィール写真は、年月の移り変わりで印象の良い写真の写り方が変わってくることもあります。
インスタグラムなどで男性芸能人の写真を見ていると、どんな髪型、どんなポージング、どんな加工の仕方が見栄えが良さそうかということが大まかにですが掴めます。
何年か前の流行りのスタイルを使いっぱなしでは、流行に敏感な女性のお眼鏡に叶うことはできません。

また、女性からのLIKEのきっかけ作りとして、最近公開された◯◯という映画よかった、話題のあの店がマイブームといった形で、女性が興味を持ちそうなことにアンテナを張り、「この人にLikeすれば気軽にこの話ができそう」と思ってもらえそうな情報を定期的に更新し続けるのも有効でしょう。

選り好みせずどんどんLikeしよう

Tinderの無料会員で一定の時間内にLikeできる数は限られているため、慎重に女性を選別していきたくなるかもしれません。
しかし、TinderでLikeしていける数は無料でも十分あるので、基本的にはあまり考えすぎずに、よほど無理だと思う見た目をしている人以外はどんどんLikeしていく方が良いです。
男性が選り好みをして選ぶような女性は、他の男性ユーザーからの人気も高く、出会いに至るまでの競争率がかなり高いことが大きな理由です。
また、誰でも写真の加工ができる今、ある一定以上のレベルさえ超えれば、後はいかに良いアングルと加工の写真を用意するかという戦いをしていることがほとんどです。
ですから、絶対Likeしたいというほどでもない容姿の女性でも、実際に出会ってみれば選別してLikeした女性とそれほど容姿のレベルに差はないことが多いです。
出会い系初心者の方であれば、出会い系サービスの雰囲気を掴んでレベルアップしていくためにも、あまり高望みせず、まずは手の届く範囲から攻略してくことが良い出会いの近道です。

「Super Like」を余らせるのは勿体無い!

Super Likeとは、無料会員ならば1日1回、有料会員なら1日5回まで使える特別なLikeで、Super Likeを異性に対してつけると、その相手があなたをLikeする前にそのことが相手に通知されます。
先ほどLikeを選り好みするなとお話ししましたが、このSuper Likeに関しても同様です。
Tinderを使っている方の話を聞くと、流れ作業でLikeをしていって、どこでSuper Likeしようかな〜と考えているうちにLikeの上限が来て、結局Super Likeは使わないという方が結構いらっしゃいます。
ですが、それはかな〜り勿体無いので、ちょっと「この子いいかも」と思ったらどんどん使っていくべきです。
Super Likeすることはつまり、その日たくさんLikeした中でもあなたが一番という意思表示になりますから、受け取った女性として、絶対に悪い気はしません。
レベルの高い女性だと、日常的にSuper Likeを受け取っていて感動は薄いかもしれませんが、そうでもない女性にこれを送ると、あなたの特別感を与えることができます。
ただのLikeに比べて数倍のマッチ率が期待出来るので、その日の分を使わずにおくという勿体無いことはせず、出会いを求めるなら毎日出していきましょう。

女性が返しやすいメッセージを心がける

Tinderをはじめとした出会い系サービスで、マッチングまではそこそこたどり着けるのに、その後が全然続かないという男性にありがちなのが、女性が返信しづらいメッセージを送ってしまっているということです。
まず気をつけたいのが、文章量を相手に合わせ、長文になりすぎないように注意すること。
相手の女性も複数の男性とマッチングしており、並行してメッセージをやりとりしていることが多いので、そこに長たらしいメッセージを送られると読む気がしないだけでなく、相手がこのくらいおくってくるならこちらも頑張って書いた方がいいのかな、という負担感を感じてしまい、結果としてメッセージが途切れてしまうことになります。

また、自分が相手に興味を持ち、相手の興味を引き出せているかをきちんと確認しましょう。
よくある失敗がこういうやりとりです。

女性

この間見た◯◯って映画、最後のシーンで感動しすぎて映画館で大泣きしちゃいました。

男性

やっぱりあの映画良いんですね!映画といえば、◯◯監督の◯◯が僕的には好きですよ。

一見、女性の映画の話に食いついて、話題を盛り上げられているように見えますが、女性のコミュニケーションの意図からは外れてしまっています。
この場合、女性が欲しかったのは自分の感想に対する共感か、映画館で大泣きしたという行動に対する興味でしょう。
なのにこの男性は、そこを素通りして自分の主張に話をすり替えてしまっています。
これでは女性はこの男性と話していても気持ちよくないので、マッチした多くの男性の内の一人ということもありあっさりと切られてしまうことになります。
Tinderは男女ともに手軽にマッチングできるぶん、出会いに持っていくためのメッセージのやりとりは短期決戦になるので、きちんと相手の意図を捉えられているかよく吟味してメッセージを送りましょう。

他のアドバイスとして、LINEのやりとりでは女性の返信に対して即レスすると、必死だと思われて悪印象という考え方がありますが、Tinderでは最初はほぼ即レスでも構わないでしょう。
マッチングした瞬間に最も強くなっている興味は、時間の経過とともに一気に薄れていくものなので早さを重視した方が良いですし、何かの機会を求めて出会い系をやっている女性側としても、怖さを感じない範囲で話が早く進むのは好都合なはずです。
返信感覚は早めを意識しつつ、女性が自分よりも返信が遅いなら多少それに合わせるくらいが良いと思われます。
また興味を維持する観点から、Tinderではメッセージが5往復くらいしたら出会いのアポイントメントの話を切り出しても良いと思います。
早く会おうというのは女性に警戒されるというのもまたサービスによっては正しいのですが、Tinderはアプリの性質からも、インスタントな出会いを求めている女性が多いはずなので、出会いを切り出すことにより中には離れてしまう女性がいることには目をつむって、積極的にアタックを仕掛けていきましょう。

余裕があれば有料会員化を検討

Tinderは無料で使えてそれなりに質が良いという、これまでの出会い系サービスではなかなか考えられなかったアプリですが、有料版もまた、その値段相応の価値があります。
有料会員化のメリットは複数あるので、詳細はご自身でアプリから確認して頂ければ良いと思いますが、Tinderの有料会員化で特筆すべきは、Likeの無制限化と、アクティブユーザーの優先表示です。

Likeの無制限化、これは文字通り、1日の内何回LikeしてもOKになるということです。
定額の有料会員でも、アプローチできる女性の数に上限(十分高い場合が多い)があるサービスが多い中、このLikeし放題というのはお得さが際立っています。
これで何なら1日中右スワイプし続けていても良いのですが、現実的にはその分膨大な数の女性とマッチングし、それぞれの関係を回していくことができずに本来実るはずだった出会いを逃してしまうことになるので、マッチした女性を管理できる範囲内にLikeを留めておくことになるでしょう。

また、アクティブユーザーの優先表示が、マッチング、出会い確率の向上に大きな影響を及ぼします。
Tinderは手軽に始められる分、初めてすぐに飽きて幽霊ユーザー化する方も多く、毎日Likeしていく女性の中にも、結構な割合で幽霊ユーザーが含まれていくことになります。
有料化によるアクティブユーザー優先表示は、この問題を解決してくれるのです。
純粋にマッチング率が高まることもそうですが、頻繁にTinderを利用している女性とは出会いやすいので、この機能をオンにするかどうかの違いは割と如実に現れます。
もし興味があれば、有料会員になって本気でTinderを使ってみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。
全世界で大人気となった今、次なる展開も期待されているTinder。
これまで出会い系に怖さを感じていたあなたも、この新時代の波に乗って素敵な出会いを探してみてください!

 
tinder
 

アプリ名 tinder
運営会社 InterActiveCorp
サービス開始 2012年9月12日
対応 iOS、Android、ウェブ
料金 基本無料
特徴 累計会員数650万人