カルーセルかずき

カルーセルかずき

今回は余すことなく解説しました・・・!
 
 
こんにちは、カルーセルかずき(@karuserukazuki)です。
 
今回は僕が普段出会い系アプリで女の子と出会うときのやり取りを実例を交えて解説します!
 
 

アプリはMatchbookを使用

 
 
 
今回僕が使用したアプリは「Matchbook(18禁)」です。Macbookではありません。
 
アプリ内でとある女の子にイイネを送ったら、マッチングすることができました。
 
 
女の子データ
・23歳
・OL
・ルックスは中の上
 
 
マッチング後は早速ファーストメールを送信!
 
 
 
 
最初のメールでは、とりあえず「挨拶」しながら、「趣味が一致していること」をアピールしました!
 
相手の趣味はもちろん相手のプロフィール文章、もしくは写真から読み取ります!
 
また僕の場合、相手の趣味がこれといって特別なものじゃなければ、2つくらい取り上げて共感するようにしてますね。例えば、「映画」とか「旅行」とかに共感したところで、誰にでも当てはまりそうですからね。
 
重要なのは女の子に「え、この人似てるかも!」と思わせてテンションを上げさせることです!
 
 
 
 
はい、返信を頂けました!
 
好きなバンドを聞かれたので、適当に返します!
 
ちなみに今回はたまたまですが、音楽は僕の得意な話題です。
 
自分の得意分野を持っておいて、そこに誘導するように会話を展開させるといいと思います。ジャンルとしては、どんな女の子でも関心がありそうな「食べ物」「音楽」「旅行」などがオススメです。
 
 
 
 
自分の好きなバンドを言うだけでなく、最後に「〇〇さんは何が好きですか?」と質問を添えることで、返信しやすくしました
 
これがないと、もしもバンド名が刺さらなければ「へえー。」で会話が終了するかもしれません。
 
女の子は基本コミュ障なので、心遣いを忘れずに。
 
 
 
 
4つも挙げてくれましたね。
 
ここで共感して話題を膨らませます。
 
 
 
 
オーラルとエメが好きなことを伝えました。
 
一回も聞いたことないけどね!!!
 
 
これが、カルーセル・イミテーションです。
 
カルーセル・イミテーション
共通点を意図的に創り出すことで距離を縮める技。
 
 
 
 
はい、テンション上がってくれたようです。
 
これが共通点効果です。。
 
 
ただ、しつこいようですがオーラルもエメも名前すら知りませんでした。
 
最初聞いた時、ヨーロッパかどこかのファッションブランド名かと思いました。
 
 
しかし、ここからはさすがに全く知らないままだと会話がキツイので、一応youtubeで視聴して勉強しておきました。
 
面倒臭いと思うかもしれませんが、そもそも自分が好きな分野であれば苦ではありません。
 
 
ちなみに試聴した結果、オーラルとかいうグループの「起死回生story」はゲロ吐きそうになりました。
 
逆に、エメとか言うアーティストはこれを機に好きになってしまいました。
 
 
 
 
自分がどう思ったかは関係なく、褒めます。
 
起死回生好きじゃないです。大嫌いです。
 
 
そして、ここでついに、
 
 
 
 
はい、飯オファーです!
 
「誘うの早くね?」と思うかもしれませんが、メールが続くほど返信が途絶える可能性も上がるので、僕はこれくらいで誘っちゃいます。あと単純に面倒臭いし。流派は色々ありますが、正解は分かりません。また、可愛くない相手ほど、早めに誘っちゃいます。
 
そして誘う時には、誰に対しても誘ってるわけではないアピールを添えます!今回は「趣味も合いそうなので」という言葉がそれに当たります。ていうか毎回これです。
 
ここまで趣味合う人なかなかいないから、普段そんな誘ったりしないけど、会いたい!」という建前です。
 
もちろん、誰に対しても誘ってるんですけどね!
 
また誘うタイミングとしては、話が盛り上がって、相手のテンションが上がってる時がベストです。その瞬間を作為的に作り出すのです。
 
 
 
 
はい、OKいただけました!
 
ただこの返事だとまだ確定はしてないので油断できません。
 
ひるまずに日程を決めにかかりましょう。
 
 
 
 
JUJUの話と平行しながら日程を打診します。
 
「いつ空いてますか?」と聞くよりも、自分で日程をいくつか挙げた方が返信が来ると思います。提示する日程は適度にバラつかせます。
 
 
すると、
 
 
 
 
ちゃんと来てくれそうですね。
 
ここまで来たら80%くらい会えます。(20%はドタキャンとか、ここに来て返信がなくなるケースです。)
 
 
 
 
場所は、連れ込むことを考えて自分の家に近い場所がいいです。
 
とはいえ、アクセスの悪い駅を誘ってしまうと、「なんで?」と思われてしまいます。
 
だから皆さん、ターミナル駅の近くに住みましょう!
 
 
時間については、今回たまたま相手から19時を指定して来ましたが、僕から提示する場合もいつも19時とか20時です。
 
 
 
 
最後に、LINEをゲットしておきます。
 
というのも、女の子がアプリを辞めてしまう、という最悪のケースがあるからです。
 
また、待ち合わせの時に電話を使いたいというのもあります。
 
 
そしてここからの連絡はLINEで行います。
 
 
 
 
LINEを送信したら返信をいただけました。
 
 
この後は、デート当日まで適当に雑談します。
 
全く連絡してないとドタキャンされる確率が上がるので、メンテナンスって感じですね。
 
 
 
 
こんな感じでゆるく。
 
話題としては、多くは相手のプロフィール写真に言及する形からスタートしてます!
 
面倒臭いので一日一通くらいです!
 
 
そして、
 
 
 
こんな感じでデート前日にリマインドをする感じです!
 
ここまで来たら90%は会えます。(残りの10%は当日に体調を崩すカス共です。)
 
 
そしてデート当日
 
 
 
無事に合流できました!
 
これが、マッチングしてから会うまでの流れです!僕は毎回こんな感じですね。
 
マッチングしてからデートを誘うまでのポイントとしては、とにかくカルーセル・イミテーションで距離を縮めまくることですよ!
 
 
 

ちなみに

 
 
 
その後のデートの結果としましては、家に連れ込んでからグダられて帰られるという完璧な展開でした。
 
グダとしては、「付き合ってない人とはできない」と言われました。
そこから「好きな芸能人だれ?」と聞くと、「岡田◯生」と答えたため、「岡◯将生に迫られたらヤるでしょ?」と聞いたところ、「しない」と言われました。
 
嘘つけバカ。
 
 
お疲れ様でした!
 
 
 

総括

 

所長

所長

デートの内容が酷すぎて、出会うまでの流れにフォーカスしましたね?
 

カルーセルかずき

カルーセルかずき

そうです!
 
 

成果

 
使用アプリ
マッチングからデートまでの期間
19日間
成果
敗北
 
 

お相手

 
年齢
23歳
職業
OL
ルックス
中の上
 
 

費用

 
居酒屋
3,800円
合計
3,800円
 
 
 

今回使用した出会い系アプリ