所長

アクトレスふくださんによる自己紹介です!
 
 
こんにちは、出会い系ラボのアクトレスふくだと申します。
 
現在の肩書きは新人研究員ですが、女の子に刺されそうなので殉職して2階級特進するかもしれません。
 
 
遺書としてここにアクトレスふくだの全てを書き記します。母さん元気かな。
 
 

アクトレスふくだのスペック

 
年齢は20台後半(2019年3月時点)で、職業は会社員です。
 
これ普通に自慢なんですけど、会社が好立地、そしてフレックス制なので出会い系をやる上ではかなり有利だと思ってます。
 
ですが、年齢不相応の童顔、身長170cm弱、しかもガリッガリなのでネトナン一本で頑張るしかありません。
 
 

アクトレスふくだの活動拠点

 
未だに「村」という概念が存在するド田舎で生まれ、大学入学のタイミングで上京してから今も東京です。
 
地元の最寄駅の佇まいがヤバすぎて、写真を見せると90%くらいの確率でウケるっていう。
 
訳あって女の子を家に連れ込めない(理由は後述)ので、ラブホが近くにある場所で遊んでます。
 
新宿、渋谷、恵比寿、六本木あたりが多いですね。
 
夜に渋谷の109近くを通る時なんかは、カルーセルさんっぽい人をついつい探してしまいます。
 
池袋はなんか嫌なので近寄らないようにしてます。
 
 

アクトレスふくだの生い立ち

 

高校時代

 
高3の夏まではいたって並の学生生活を送り、並の彼女に並の性欲をぶつけながら過ごしていました。
 
僕の性欲がおかしくなり始めたのは大学受験の直前の高3秋、誰がどう見ても人生の踏ん張り時です。
 
そんな大事な時期の僕はと言えば、予備校のOGだった9歳上の爆乳Iカップ(当時27歳)と付き合うことになり、
 
家に帰ることもなく一人暮らしだった彼女宅に入り浸って暇さえあればセックスをするという肉欲に溺れたような日々を送ります。
 
駅のトイレ、ビルの屋上、海の中、彼女のおばあちゃんち、マジでいろんなとこでセックスしました。
 
人生のボーナスタイムかのような日々を送った結果、当然のように受験に失敗して浪人するという最大限の親不孝も経験済みです。
 
その彼女とは向こうの浮気(相手は地方巡業に来ていた有名V系バンドのメンバー)が原因で破局を迎え
 
結果、このような英才教育を受けた性欲モンスターが野に放たれる運びとなりました。
 
 

大学時代

 
大学入ってすぐに、友達の誘いでピンサロのティッシュ配りのバイトを始めました。
 
ガールズバーとかカフェとか書いたティッシュで女の子を釣り、面接時にピンサロだと明かして口説き落とすというエモい会社です。
 
僕らバイトは街中に立って女の子にティッシュを配るだけの仕事なのですが、週に何度かボーナスタイムが訪れます。
 
体験入店することになった女の子からすると、初回でキッツイおっさんに当たったらまず本入店しませんよね。
 
そこで僕らティッシュ配りが社員に呼び出され、善良な客のフリをして体験入店の子の相手をするんです。要はサクラ。
 
女の子に「やっていけそう」と思わせるのが目的なので、もちろん色々と制約はありますが。
 
それでも半嬢の子にフェラをしてもらった上で時給が発生するというシステムには色々と衝撃を受けました。
 
半嬢
半分ピンサロ嬢の略。半妖である犬夜叉みたいな感じ。
 
こんな生活を数年続けた結果、さらに性欲がおかしなことになります。
 
ちなみに、この話でティッシュ配りに興味が湧いた人に向けてなんですが、マジもんの底辺なのでオススメしません。
 
あと、別会社のティッシュ配りに「あの噂ってマジ?」ってよく聞かれてたので、どこにでもあるシステムではないようです。
 
 

出会い系をはじめたきっかけ

 
就職のタイミングでティッシュ配りからなんとか社会復帰しましたが、なかなか性欲が満たされません。
 
ティッシュ配りで培った鋼のハートを武器にストナンをしてみたはいいものの、打率が悪すぎる。
 
そこでTinderなどのマッチングアプリに手を伸ばし、たまーにくる当たりを引いてました。
 
ただ、マッチングアプリを使いながら常に思っていたのは効率が悪いということ。
 
自分のスキルがまだまだだったのもありますが、何よりピュアな出会いを求めてる子が多すぎる。
 
いざ会ってみて「そんなつもりじゃない」と言われることの多さ。うるさい。もう一生分聞いた。
 
もっと簡単にヤレる方法はないのかと色々と調べた結果、出会い系にたどり着きます。
 

アクトレスふくだ

PCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールあたりがおすすめなのか
 

アクトレスふくだ

登録無料でしかも初回無料ポイントがもらえる?こんなん今すぐ登録や!
 
しかし、電話番号を入力すると登録済みという表示が出てログインページに飛ばされます。
 

アクトレスふくだ

あれ、登録済み?しかも無料ポイントもらえないじゃん!
 
・・・昔のことすぎて忘れてたんですが、たしか高校くらいの時に一通り登録して無料ポイントで遊んだんだった。
 
そういえば数年前まで出会い系サイトは年齢確認がガバガバだったんですよね。
 
おかげで初回無料ポイントもらえずにスタートすることになり、昔の自分を呪いました。
 
自腹を切って購入したポイントで色々と試行錯誤するのはマジで精神衛生上よろしくないので
 
今から出会い系を始める方は絶対に無料ポイントをもらえる形で登録した方がいいです!
 
 
 

アクトレスふくだの性事情

 
色々な思惑があって今まで口にしなかったんですが、実は彼女が2人(2019年3月時点)います。
 
最初は女性読者から「抱いてください」ってメールが来ると思って伏せてたんですけど来ないし。
 
あと出会い系ラボの研究員も読者も全員イカレなので正直に言っても引かれんやろって。
 
片方の子とは5年近く付き合っていて同棲してます。その上で出会い系サイトでも遊んでます。
 
だから自宅に女の子を連れ込めず、ラブホが近くにある場所で遊んでるってわけなんですね。俺は頭がいい。
 
経験人数は40〜50人くらいとまだまだで、ひとまずは100人を目指して頑張ってるところです。
 
相手がブスであっても経験人数を増やすためだけに抱きます。誰も得しない不毛なセックス。
 
今のところあまりにしょうもない体験談は記事にしてないんですけど
 
僕がうっすい記事を量産するようになったらこいつ金に困ってるんだなと思ってもらって大丈夫です。たぶん当たってるんで。
 
 

オナニーは週どれくらい?

 
オナニーは週1〜2回くらいですが、カウントしなくていい方法を知ってるので実質0回です。
 
この「アクトレス・グリップ」はオナ禁している方にもおすすめなのでぜひ試してみてください。
 
アクトレス・グリップ
イくと同時にチンポを力強く握り、物理の力で精子の放出を封じる技。チョロっと精子が出ることはあるものの、微量なのでオナニーとしてカウントしなくてOK。尿道に留まった残液が時間差で出てくることもあるので、追いおしっこで押し出すなどできるとベスト。
 
 
他にもいくつか僕が編み出したテクニックがあるんで参考になれば嬉しいです。
 
アクトレス・ギャツビー
女の子のために、ギャツビーでチ◯コを綺麗にしておく技。時間がない時に有効。
 
アクトレス・ダイレクト
もう正直にヤリモクだって言っちゃう。
 
 
どうですか?
 
 

研究員(出会い系ライター)になった経緯

 
みなさん大体同じだと思うのですが、出会い系の攻略サイトを見て回ってた時にこの出会い系ラボを発見します。
 
率直な感想は「めっちゃ面白い」でした。
 
出会い系サイトを使う上で必要な情報を得られるのはもちろん、何より読み物としての質が高い。
 
眉唾ものの体験談を載せているサイトが多数を占める中、画像や失敗談を載せてたりで信憑性があるのも良かったです。
 
毎日見てたんでブラウザの「よく閲覧するサイト」に出会い系ラボが表示されるようになり、彼女にバレかけたこともありました。
 
現在は設定で「よく閲覧するサイト」の表示機能自体をオフにしてるんで、おかげで色々とめっちゃ不便です今。
 
純粋にファンだったサイトでライター募集をしているのを見て、興味本位で連絡したのが “研究員になった経緯” です。
 
次に “研究員を続けている動機” なんですが、報酬が思ってたよりずっと高い。
 
僕のモチベーション的には、好きなサイトに寄稿できるやりがいってのも大きいんですが。
 
割と長くラボで体験談を書き続けた結果か、今ではコンスタントに文字単2~3円をもらえています。
 
実績のない新人ライターは文字単価1円未満なんてザラ、1円でも喜んで書く人はウヨウヨいるんですよ。
 
出会い系使ってセックスするという特殊なスキルが必要なのも考慮されてだとは思うんですが、それでも破格です。
 
おかげさまで女の子との飲み&ホテル代はいくらか楽をさせてもらってます。
 
ていうか、セックス→記事書く→その報酬でセックス→記事書く…ってもしかしてこれ永久機関じゃないですか?
 
 
 

アクトレスふくだのこれから

 
出会い系を本格的に使い始めてまだ半年ほどのぺーぺーなので他の研究員さんほどのテクニックはないのですが
 
こんな僕でもそこそこの割合でセックスできているということをお伝えできればいいなと思ってます。
 
100人切りを目標にしていると上に書いたんですけど、これからは量だけでなく質も高めていきたいなと。
 
もし小松菜奈ちゃんみたいな子をサイトで見かけたら僕に譲ってください。
 
以上、アクトレスふくだでした。
 
 

カルーセルかずき

読者の皆様、こっそり僕に譲ってください!
 
 

アクトレスふくだの体験談